俺が小3、姉が小6の時の頃。

夏休みの午前中、家には誰もおらず、2人で押し入れの中で遊んでいました。

その時、姉が突然

「おっぱい揉んで!」

と言って裸になりました。

俺は突然の事に理解できず、しばらく考え込みましたが、少し冷静になると大好きな姉のおっぱいが目の前にある事に興奮し、仰向けに寝ている姉のおっぱいを揉み始めました。(今考えるとB~Cカップくらい?)

俺は調子に乗って

「今度はお尻がいい!」

と言って、姉を俯せにしてお尻を鷲掴みにしました。

どのくらい経ったのか・・・姉が緊張した口調で

「今度は私がH(俺)のちんちん揉んであげる」

と言って俺のズボンを脱がすとティムポを弄り出しました。

ティムポはすぐに全開に勃起してしまい、姉がそれを咥え2~3回頭を動かしたらあっという間に射精してしまいました。

俺は頭が真っ白になり、その後どうなったのか全く覚えていません。

当時の俺はそれが何だったのかまるで理解出来ないまま月日が経ちました。

そして5年が経過し、俺はようやく性に目覚めました。

友達とエロ本を交換してオナニーを覚え、5年前の出来事も理解出来るようになったのです。

当然、性の興味は姉に向けられました。

高2の姉は絶えず格好いい彼氏がいるほど奇麗になり、スタイルも抜群でちょっとした有名人になっていました。

先輩から姉の写真の盗み撮りを頼まれたりもしていました。

家での姉はTシャツに透けブラ(赤と黒が多かった)、ショートパンツの隙間からはレースのエロいパンツが丸見えでいつもそれをネタにオナニーしていました。

ブラジャーを見るとホックの所にはF(カップ)と書いてあり、それより若干大きいブラは特注なのかサイズは書いてありませんでした。

ある夜、俺は姉を犯す夢を見て初めての夢精をしました。

そして姉への征服欲は膨らんで行くのでした。

俺は姉が風呂から上がり、脱衣所に入った瞬間を狙っては、知らなかった振りをして姉の裸を見ていたのですが、流石に姉も不審がり、それは出来なくなりました。

しかし俺はエスカレートし、夜姉の寝室に忍び込み、寝入った姉の胸を揉んでは部屋に戻ってオナニーをしていたのですが、ある日それがバレてしまい、俺は開き直って姉に

「Kちゃん(姉)が好きだ!」

と告白したのですが、拒否され、親に呼び出され一家の重大問題になってしまい、姉に対する欲望は断たざるを得なくなってしまいました。

しばらくして俺も彼女を作り、姉も理解してくれて、元の仲の良い姉弟に戻りました。

そして13年の歳月が流れ、このGWでの出来事になるのでした。

俺自身、時々(彼女のいないフリーな時とか)当時の事はトラウマとして思い出すのですが、さほど意識はしていませんでしたし、姉も資産家と結婚して幸せな日々を過ごしていました。

そして4月の初め、姉から電話が掛かってきました。

「HはGWは何か予定あるの?」

「いや、今年は実家にも帰らないし別に予定はないよ」

「じゃあ29日から東京に行くから案内してよ。六本木ヒルズも行ってみたいし」

ってことで俺は30、1、2日も休みを取り、東京や横浜案内をする事になりました。

29日の昼過ぎ、マンションのインターホンが鳴り、姉がやってきました。

「車、何処に置いたらいいかな?」

「案内するから降りていくよ」

外に出るとそこには姉1人でした。

「旦那は?」

「Sさんは接待ゴルフだから来られないって」

久しぶりに見る姉は以前にも増して胸のボリュームがあり、そのくせ顔とスタイルは加藤あいのようにシャープで、改めて旦那に嫉妬するほどでした。

俺の部屋でしばらく雑談と日程を決めた後、夕食を食べに出かけました。

姉が

「田舎には無いような格好いい所がいいな~」

と言うので、某レストランを予約して行きました。

姉はとても喜び、会話は終始盛り上がっていました。

俺がトイレに立つと、顔馴染みの店員が

「今度の彼女はハイレベルですね!いいなぁ~」

と言うものだから、俺も姉とは打ち明けず恋人の振りをして自慢しました。

姉に

「恋人に間違えられちゃったよ。Kちゃんの事すっげーハイレベルだって」

「うふふ、私もまだまだいけるでしょ?じゃあ今回はHも彼女がいない事だし、私が彼女になってあげようかなーなんて優しいお姉さんなんでしょ」

と上機嫌でした。

その後、バーに飲みに行っても姉と一緒にいるとまるで恋人同士のようで、俺は嬉しくてまた姉への思いは募るばかりでした。

その日の夜は姉はホテルに泊まり、俺もまた何事もなく家に帰りました。

翌日は姉をホテルまで迎えに行くと、姉はまだ寝ていました。

フロントでコールしてもらうと、今起きたばかりなので部屋まで来てくれというので部屋まで迎えに行きました。

ベルを鳴らすと、バスローブ姿の姉がドアを開け、

「今シャワーを浴びてるから部屋の中に入って待っていて」

と中に通されました。

姉はバスルームに入って行き、俺はソファーに座ってテレビを見る事にしました。

しかし、先ほどドアを開けた時の姉の白く巨大な胸の谷間とそれとは反比例する華奢な細い首と鎖骨・・・ベッドには黒と青のレースの巨大なブラジャー(大人の頭がすっぽりと入りそうでした)が無造作に投げ捨てられており・・・俺は、

「覗いては駄目だ!覗いては駄目だ!」

と自分に言い聞かせるのに必死でした。

姉がバスルームから出てくると、期待とは裏腹に

「H、ちょっと着替えるから少しの間だけバスルームの中で待っていて」

と言われ、俺はバスルームに軟禁されてしまいました。

「出てきていいわよー」

俺は軟禁を解かれてベッドルームに行くと、姉は化粧をしていました。

すっぴんでも充分綺麗ですが、化粧をするとどんどんエロくなっていきました。

白の首元が大きく開いたシャツにロングヘアーをアップにまとめ、ぴっちりとしたパンツ姿はウエストがキュッと締まり、ヒップは逆ハート型で・・・姉はとても魅力的で、今日もまた、こんな姉と一緒にいれるのかと思うと期待で胸が高鳴りました。

青山で洋服を買い、ランチを食べ、夕方は車で横浜までドライブに行く事にしました。

首都高に乗ると、連休で道が空いているとは言えさすがにそれなりに車両は渋滞していました。

車中、俺が

「Kちゃん、まだ子供は作る予定はないの?父さんも早く孫が見たいって言ってたよ」

と言うと、神妙な声で

「Sさん(旦那)いつも忙しいから・・・それに私てどうも子供ができにくい体質みたいなの・・・」

「・・・ごめんね、変な事聞いちゃって。焦ることもないけどね」

「今回だって、私1人でHの所に遊びに来るのってやっぱり少し変なのかなぁ~」

「ううん、オレは嬉しいよ。やっぱりKちゃんの事が好きだし」

(俺はぽろっと”好きだ”と言ってしまい、かなり焦りました)

「ふふ~んwまだ私の事好きでいてくれたんだw」

「いや、だから・・・好きと言うのは、ほら、兄弟とか友達とか・・・いや、えっと・・・」

「Hの付き合っていた過去の彼女見たらすぐに分かっちゃうわよ。みんな私にそっくりなんだもん」

「そんなつもりはなかったんだけど・・・でも結局はKちゃんの方が色んな意味で顔とかスタイルとかで上だったから、Kちゃんもそんな余裕の発言が出来るんしょ?」

「まぁねwでも私ね・・・今だから言うけど、Hには本当に悪い事したって思っている・・・。(少し躊躇って)覚えてる?小学生の頃の・・・夏休みに2人で押し入れの中で遊んでいた時のこと・・・」

(俺はどう答えようかとても迷いましたが、もう20年近くも昔の事なので・・・)

「うん、覚えてるよ・・・あれは今思うとインパクトが大きかったからね。当時は然程感じなかった事が徐々に大きく実感が湧いてきたって感じかな?」

「う~ん・・・そりゃやっぱり覚えてるよね。あの頃ね、友達の家でそこのお父さんが隠し持ってたHビデオを見ようって事で、皆で集まって鑑賞会したんだ。そしたら、もうそれが裏で!何やっているのかよく理解出来なくて、そしたら性的知識の詳しい子に色々と教えてもらったら、やっぱり興味が湧くじゃん?そんな事が本当に気持ちイイのかな?って。それで考えたら、Hてジャニーズ顔で可愛い系じゃん?私もHの事好きだったし・・・だから何か安心して実験出来るかなって思ったの」

「ふ~ん、まぁありがちと言えばありがちな話だけど、実行してしまったんだKちゃん」

「それでね、当時はよく分かっていなかったのもあって、それはそれでいつの間にか忘れちゃっていたんだ・・・それで・・・その後私が高校生の頃、Hが少しおかしくなったじゃん?」

(俺苦笑い)

姉「当時ね、ほら、私M君と付き合っていた頃あるでしょ?あの頃の学校の男子の会話での私の話って、私とヤリたいとか、胸を揉みたいとか、何カップあるのかってそんな話ばかりで、もううんざりしていたの。M君そんな奴らと対して変わらないって分かって別れたし・・・そうしたら信頼していたHまで結局あんな事になっちゃった訳でしょ~。自分自身、Hが悪いのか自分が悪いのか分からなくなっちゃったんだ。そしたらHが謝ってくれて・・・でも結局Hの彼女のNちゃん・・・もう、なんか無理矢理私のそっくりさんみたいな子を探してきました!て感じで、そしたらあの当時(小学生の頃)の事を思い出したの。もう罪悪感でいっぱいよ~。でも私もHにどう言ったら良いのか分からなくて、結局はそのまま黙ってたんだ」

「KちゃんはKちゃんで葛藤していたんだね。オレもKちゃんに悪戯したのは罪悪感でいっぱいだよ。今謝ります。Kちゃん、ごめんなさい」

「いいえ、こちらこそ変な事してすみませんでした、ごめんなさい」

「でもオレ思うんだ。結局はオレってKちゃんにそっくりな子とばっかり付き合っているじゃん。これってどうにかして直らないのかなぁ?根本的にKちゃんの事が好きだからどうにもならないのかなぁ~」

「H・・・私とセックスしたいの?」

(かなりドキッとしました。姉の口から突然セックスと言う言葉が出てくるとは!小学生の頃の「おっぱい揉んで」を思い出しました)

「Kちゃん、やめなよ・・・オレ本気にしちゃうよ」

「冗談でこんな事言える訳無いでしょ。私も責任感じているんだから!これは私達姉弟だけの秘密なんだから、私達だけで何とかしなくちゃダメでしょ」

「じゃあ言うよ、オレ今でもKちゃんの事好きで、好きで仕方ないよ。好きな人とセックスしたいのは当然だろ?」

「分かった、ここから一番近くの(ラブ)ホテルに入って」

(俺が運転していました)

姉の唐突な決断には本当に驚かされます。

俺達は横浜でラブホテルに入りました。

車を降りると姉は俺の腕を引き寄せ、ギュッと握りしめ寄り添うようにしてフロントに行きました。

もう、恋人同士のようです。

姉があまりにも腕を引き寄せるものですから、肘が胸を潰し、その感触で俺のティムポはギンギンでした。

緊張している俺を他所に姉は、

「どの部屋にする~?ラブホなんて久しぶりだからワクワクしちゃうな」

と満面の笑みで俺に笑いかけるモノだから調子が狂ってしまう。

でもその笑顔が可愛いのです。

エレベーターに乗ると姉は俺に後から抱きつき、背中に頬を当てていました。

つか胸の感触が・・・・姉は気付いたかの様にサッと軽く手の平で股間を触ると、またすぐに腕を戻し更に強く俺を抱き締めました。

部屋に入って電気を付けると、俺は今まで我慢に我慢を重ねたもの全てから解放され、正面から姉に抱きつきキスをしました。

キスだけでこんなにも感じる物なのか?と思うほど最高のディープキスでした。

随分長い間キスをしていましたが、もう・・・それだけで幸せでした。

唇と唇、舌と舌との絡み合う1つ1つの感触がもうそれだけで快感でした。

今まで付き合った子には申し訳ないのですが、比べ物になりません。

そして俺は抱きついたまま顔をシャツ越しに姉の巨大な爆乳に埋め擦り付け、姉は俺の頭を抱え、胸に強く押し当てました。

俺がそのままベッドに押し倒すと、姉は冷静に言いました、

「シャワー浴びようよ。汗かいているし」

「別にいいよ、浴びなくて、離れたくない」

「じゃあ一緒にお風呂入ろうか?」

という事で、浴槽にお湯を張りに行きました。

待っている間、俺はベッドに腰掛けて姉の背後からずっと胸を揉み続けていました。

シャツから透けて見える黒いブラジャーのレースのゴツゴツ感をなぞるようにして円を書くように両手で姉の爆乳を堪能しました。

激しく前方に突き出したロケット型の爆乳を手の平で包み込むように優しく持ち上げながら、うなじから耳たぶへ唇を這わせると、姉は時折

「んっ・・・」

と息を漏らしながら、その白い肌を紅潮させていき、徐々に薄らピンク色になってきました。

俺はもう興奮しまくりでかなりハイになっていたのですが、姉は冷静に

「そろそろお湯が溜まったかな?見てくる」

と言ってバスルームに行ってしまいました。

俺も付いて行こうとすると

「恥ずかしいから、いいって言うまで来ちゃダメ!」

と言われました。

・・・バスルームの方では何やら色々と支度をしているようで、結構時間が掛かりました。

俺はもう、これから始まるであろう色々な事で頭がいっぱいで、目の焦点さえ定まらず、かなりヤバい感じになっていたと思います。

姉もそれを察してか、少し冷静にさせようと思っていたのかもしれません。

バスルームのドアが空き、中からようやく

「H!来てもいいわよー」

と声がしました。

脱衣所に入ると姉は既にバスルームに入っているらしく、そこにはいませんでした。

脱衣カゴにはタオルの上に先ほどまで姉が来ていたパンツとシャツ、そしてその上にはまだ温もりが残っているであろうブラとパンティーが綺麗に畳まれていました。

思い起こせば中学時代は、ここまでで我慢しなければ行けなかったはずなのに・・・今はついにその先に・・・姉の合意の元、バスルームの中に入る事が許されたのです。

感動で少し体が震えました。

でも、少し下着が気になってそっとブラとパンティーを手に取り匂いを嗅いでみたら、姉の柔らかな心地よい体臭と香水の香りがしました。

そしたらその動作がシルエットで分かったのか、

「ちょっとーH!いい加減にしなさい・・・怒るわよ。そんな事してるとKちゃん帰っちゃうぞー!」

と言われて我に返りました。

俺も急いで服を脱ぎ、緊張しながらバスルームへと入りました。

バスルームの中は照明が消され、薄らと間接照明だけが淡いオレンジ色を照らしていました。

大量に泡の張られたバスタブの中に姉はいて、ひょっこり顔だけ出して、にっこりと俺に微笑み掛けてくれました。

バスタブの内側からも照明が出ていて、その光と泡に照らされて姉は神秘的に見えました。

全開に勃起しきったティムポを恥ずかしそうに隠して俺が湯船に入ろうとすると、姉は

「まずはシャワーでしょ」

と言って入れてくれませんでした。

俺は仕方なく椅子に腰掛けて体を洗い始めると、バスタブから姉が出てくる音がして・・・俺が握っていたスポンジを取ると、後から優しく体を洗ってくれました。

「Kちゃんに体洗ってもらうのなんて何年ぶりだろう?」

「そうね・・・子供の頃はいつも一緒にお風呂に入っていたもんね・・・はい、後は終わり!こっち向いて」

体を反転させるとそこには立ち膝で全裸の姉がいました。

厳密に言えば大量の泡で乳輪さえ見えない状態なのですが、そのあまりにも大きな乳房は大きく斜め下前方に突き出しどうしても目が行ってしまいます。

姉が俺の体を洗う為に腕を動かす度に、その巨大な2つの乳房はぷるぷると揺れ、徐々に泡が落ちかけてきました。

首元、胸、脇腹と洗い太もも、足の指の間、と洗ってもらい、そして俺の勃起したティムポに無造作に手が伸びてきました。

竿を洗ってもらうまでは良かったのですが、玉まで来た時、

「Kちゃん・・・ちょっとまずい・・・出ちゃうからもう自分で洗うよ」

「ちょっと、なに童貞みたいなこと言ってるのよ。いいから足を開きなさい!」

姉はなるべく刺激しないように洗ってくれ、俺も何とか我慢できました。

「今度はオレがKちゃんを洗ってあげるよ」

「いいわよ。私さっき洗ったもん」

「いいからいいから・・・」

俺は強引に姉を椅子に座らせました。

背中を丁寧に優しく洗い、腕、お尻と洗い、ドキドキしながらおっぱいを洗い始めました。

優しく、優しく、丸くなぞるように丹念に洗いました。

「ちょとあんたいつまで洗ってるのよ!それにさっきから私の背中につんつん当ててるわよ・・・もう、全くぅ、焦らないの!」

俺は少し怒られながらもやっと姉の体を洗い流しました。

俺が先に湯船に浸かって腰を下ろすと、後から姉が向かい合うように俺の膝の上に乗ってきました。

そして2人で抱き締めながらキスをしました。

「Kちゃん、おっぱい触りたい」

俺は少し姉を離し、正面から爆乳を鷲掴みにしました。

両手でも収まりきれないその巨大な乳房は、乳輪は乳房に比例して大きめですが、薄らピンク色で乳首はぷりっと小振りに尖ってまさにこれぞロケットおっぱい!って感じでした。

乳首を摘んでぷるぷる揺らしたりして遊んでいると姉は感じながらも

「もう、あんたって本当におっぱい好きねぇ・・・」

「おっぱいは好きだけど、オレはKちゃんのおっぱいが好きなだけなの。俺の理想はKちゃんだから」

「ありかと・・・それじゃH、ちょっと立ち上がってみて」

姉はお湯でティムポの泡を落し、軽く撫でた後、そっと口に含みました。

今まさに、憧れのKちゃんが俺のティムポを口の中で転がしてくれている・・・。

小学生の頃、訳も分からず無造作に俺のティムポをしゃぶったKちゃんとはまるで別人のように、優しく丁寧に舌で転がしてくれました。

もれはもう出そうに・・・ヤバいと思い、

「Kちゃん、その・・・おっぱいで挟んでもらってもいい?」

姉はにっこりと

「いいよ」

と言ってくれました。

俺は姉の体を足で挟み込むような体勢になりその巨大な乳房に身(ティムポ)を任せました。

姉はティムポを挟み込んだおっぱいを上下に擦り、巨大な白い乳房の谷間から顔を覗かせる俺の亀頭を舌先で舐めたり吸ったりしてくれました。

俺はもう我慢できず

「あぁ、Kちゃん!」

と言うのと同時に射精しました。

あまりの興奮で、今までに経験した事のない程の精子が発射されました。

普通は調子のいい時でも

「どぴゅっ、どぴゅ、ぴゅっ、ぴゅっ」

くらいなのが、

「どびゅびゅびゅびゅ、どびゅびゅびゅびゅ、どびゅびゅびゅびゅ、どびゅびゅびゅびゅ、どびゅびゅびゅびゅ」

とどんどん精子が溢れ出てくるのです。

勢いも凄く、姉の頭の上から精子が降り注ぎ、髪の毛、眉、目元、鼻、頬、口元と大量顔射になりました。

姉は嫌な顔1つせず、

「沢山出たね・・・Hの精子・・・Kちゃんが食べてあげる」

と言って口元の精子を口に寄せました。

「Kちゃん、嬉しいけど、無理しなくてイイよ」

「好きな人の精子は嬉しいのよ」

「え!?」

「さっきHも言っていたでしょ?好きな人セックスがしたくなるのは当然だって・・・」

俺は姉の顔中に飛び散った精子をかき集めて口に入れてあげました。

姉は

「H、先にベッドに行ってて、Kちゃん顔を洗ってからいくから」

「うん・・・」

「今度こそ、ベッドでKちゃんHに押し入れの続きしてあげるね」

俺は急いで体を拭くとまたすぐにティムポを勃起させて、ベッドに駆け込みました。

しばらくすると部屋の照明が少しだけ落ち、バスタオルを巻いた姉がやってきました。

姉は俺の足下からベッドに上がると、俺が股間に掛けていたタオルを取り、軽くティムポを握りました。

「舐めて大きくしてあげようと思ったけど、全然元気ね」

「少しだけ・・・舐めて・・・」

「うん」

姉は本当に軽くちょっとだけ尿道を舐めました。

仰向けの俺の上に跨がり、バスタオルを取ると、今度こそハッキリと、その巨大な揺れる乳房を確認できました。

そして姉の股間からはツーッと愛液が糸状に俺のティムポに滴り落ちてきました。

姉は無言のままゆっくりと腰を落し・・・にゅぽっと俺のティムポは姉の中に挿入されました。

奥まで入ると姉は

「んんんん・・・ん、はぁああ!」

と息大きく吐き俺が腰を動かすと

「んんん・・・あああああ、H・・・いい、いいいわ、凄い・・・凄く・・・凄く・・・気持ち・・・いいぃぃ・・・ぁああ」

と狂ったようについに喘ぎ出しました。

ついに!!!ついに!!!!!憧れのKちゃんと1つになれた瞬間でした。

俺は嬉しくて、そのまま起き上がると姉を抱き締め、キスをしながら腰を振りました。

「Kちゃん、ゴム付けてないけど・・・付けた方がいいよ」

「いいの・・・いいから・・・私子ども出来にくいから中で出していいのよ。H、だからもっと・・・もっとKちゃんの事気持ちよくして」

そして俺は姉の中に出しまくりました。

中から溢れ出した精子と愛液が白く泡立ちながら、俺は姉と結合したまま狂ったようにセックスしました。

もう疲れ果てて、2人でぼーっと抱き合っていると、時計を見ると既に17時間が過ぎていました。

「Kちゃん、明日も、明後日もまだデート出来るね」

俺達2人は、姉が帰った日曜日まで、昼は普通にデートして、夜は愛し合いました。

今後どうなるのかは分かりません。