当時高2年生。高校時代、3年になって初めて美樹という娘と同じクラスになった。

美樹の体つきは、身長150㎝ほどで脚はむっちりで、服の上からでも他の女子と比べると一目瞭然で分かる大きなお尻を持っており、学校では人気がある方だった。

極め付けはこの身長には明らかにバランスが悪すぎる、かなりでかい胸・・・巨乳があった。

正面に突き出たロケットオッパイのせいでブラウスのボタンが左右に引っ張られ、キツくて第2ボタンまで閉めるとパツンパツンで、開いた胸元には柔かさと弾力を兼ね揃えてそうな2つのでかい胸と、それらが形成するかなり深い谷間が窮屈そうに押し込まれていた。

そして後に俺は、このエロエロボディの爆乳娘を完全に独占する事になる。

授業中は夏服で薄着の美樹の爆乳や谷間、ブラウスから透けたブラなどを毎日見ていた。

俺の座席は窓側から2番目の最後尾、美樹はその隣という事もあり、美樹も頻繁に身を乗り出しては俺の机に手を付き、ノートを覗いてきた。(美樹とは中学時代から中が良かった)

この時の胸元は俺にとっては過激すぎだった。

ブラウスの外された第2ボタンの奥に、吸い込まれそうになる深い谷間と過激なレースブラを押し下げるように2つの爆乳が実を成していた。

毎授業何回もこんなものを見てしまい、その都度俺の股間はフルボッキしていた。

我慢の限界が来た俺は1週間オナを我慢し、行動に出てやろうと思った。

ある日、いつも以上に至近距離まで寄ってノートを見る美樹の爆乳からは水色のブラも透けていた。

俺は美樹がエロにも寛容である事を知っていたので、自分の勃起したものを指差すとそれに気付いた美樹の顔が笑い、さらに続いて美樹の胸を指差し、交互に繰り返していると美樹は両手を胸の谷間部分に持っていき、見るなーって感じで隠そうとしているが、そんなもので隠れるサイズではなかった。

そして俺は何を思ったか、両手でお願いっ!って感じのジェスチャーをしてしまった。

すると美樹は机上の紙に何かを書き始めた。

覗いてみると、

「今日、私の家来てみない?」

美樹の顔を見て目を確認の意味も込めて目を合わせると口パクで、指で丸印を作りながらオッケーと言ってくれた。

放課後、生徒が下校し始め、俺も美樹に住所を教えてもらいそこへ行く事にした。

美樹と一緒に帰るのは色々とまずいと思われるので、美樹が帰った後数分後俺も帰るという形になった。

その日はお互い部活などはなかった。

美樹の家へは学校から自転車で15分ほどであるが、その途中俺の下半身は起ちっぱなしだった。

美樹の家の前に着いたら、そこには美樹のものと思われる自転車があり、俺の下半身は爆発寸前だった。

俺はチャイムを押した。

「◯◯だけど」

「おー!来たか来たか、ちょっと待ってろよぉ」

と言い、玄関を開けてくれた。

美樹は制服姿のままで、胸を揺らしながら扉の鍵を閉めると、

「じゃあ早速だけど私の部屋来てよ。家族は仕事で夜帰って来るから早くしないとね」

と言って俺を部屋へと連れて行った。

部屋に到着、初めて見る美樹の部屋はごくごく普通の女子高生って感じだった。

俺の目の前に制服姿の美樹がいる。

汗をかいており、それだけで俺の下半身は爆発寸前だった。

美樹の爆乳は水色のブラに無理矢理押し込まれた感じで、今にも零れそうになっていた。

「えw◯◯っていつもあんな感じだったのww?」

と聞いてきた。

俺は

「しょうがないじゃん。あれを目にして勃起回避とか無理ゲーだよ」

「そこまでいいますかぁー、え、もしかしてそれで抜いたりしてたん?」

「そんな事聞くなよwまぁ抜いたけどな、毎日世話になってたよ」

「えーwwまじかぁー、そんなに良いかな?美樹の胸、邪魔なだけなんだけどw」

と言うと美樹は自分の巨乳を俺の目の前に突き出し、笑いながら

「どうしたんwww」

って言ってきた。

すると俺は無意識のうちに美樹の巨乳を下から持ち上げる格好になっていた。

俺は胸を触るのは初めてだった。

服の上から下から持ち上げるだけでもおっぱいは張りがあるのに柔らかいものだと簡単に分かった。

俺が美樹のおっぱいを持ったままでいると、美樹は

「揉んでいいよ?」

と言ってきたので、俺は失神しかけながらも頷き、胸を揉みしごく事にした。

この世にこんなに柔らかいものがあるのかと思えるほど美樹の胸は柔らかく、弾力があった。

右に左に上に下にグニグニし続けたり、乳首の上をこすったり5分ほどしていた。

その間、美樹がたまにエロい声で喘ぐから俺の揉む腕もより力が入った。

すると美樹が

「ちょっとタンマw、そろそろさぁ生で揉んでみない?」

と聞いてきた。

その言葉は一瞬では理解出来なかった。

しかし体は理解していたらしく、自然と俺の手は美樹のブラウスのボタンへと向かい美樹と一緒にボタンを外していた。

全てのボタンを外し終わるといきなりブラのフロントホックが外れ、美樹の生乳がプルンと出てきた。

どうやら美穂が自分でホックを外したらしい。

俺は一瞬の出来事に、気が狂いそうになった。

「どう?一応Gカップだけどw」

「デカすぎw揉んでいい?」

「いいよwあと3時間くらいは好きにしていいからw」

と言ったので、俺は美樹の両胸をこれでもかと鷲掴みにして揉みまくった。

美樹の胸を両脇から挟んで揺らしたり、乳首同士をくっつけて遊んだりした。

その間美樹はずっとうぅんとか、エロい声を出していた。そして俺は

「吸っていい?いい?」

と聞いた。美樹は女座りでエロい目をこっちへ向けながら

「いいよ?」

と言った。

俺は乳首を吸いまくった。チューチューと音を立てると美樹は

「恥ずかしいよっw」

と言った。それが余計に興奮し、両乳首を同時にすったり甘噛したりした。

そして10分後、美樹が

「そういえばさー。◯◯、胸とあそこ指差してたけどあれってどういう事なのかなぁー」

とわざとらしく呟いた。俺は

「パイズリしてくれ」

と率直に言った。美樹は

「直球かよwwでもしてあげようと思ってたからするよww」

と言い、

「じゃあこっち座って?その方がやりやすいから」

と言って椅子に座らせてくれた。

「ちょっと待っててね、唾溜めるから1分間だけ喋らないけど我慢してね」

と言うと、俺のちんこを巨乳で挟んだ。

美樹の胸に挟まれた俺のちんこは、亀頭部分数cmがなんとか谷間から出るだけで、他は完全に美樹の胸に包み込まれていた。

俺は感動し、すげぇと言った。美樹は口に唾を溜めながら

「いふよ?」

と言い、巨乳による上下運動が始まった。

美樹は強めに挟みながら上下に動かしてくるので、俺は相当な快感を得ていた。

それでもやばかったのだが、美樹が唾を溜め終えると、

「つはたらしてひい?」

と言うと、若干口から唾が零れ、俺のモノに垂れた。

美樹の唾は量がかなり多く、粘っこいので俺は興奮した。

美樹は口を押さえながら笑うと

「ごへんごへんwはらすねw」

と言い、ドロォ~っと大量の唾が美樹の口から俺のモノへと垂らされた。

その光景は今までで見た何よりも一番エロい光景だった。

一気にドロドロになった俺のモノを美樹はより激しくパイズリし始めた。

ネチャネチャ、ヌチョヌチョ。

美樹の唾のお陰で最高にエロい音が響き渡る。

美樹の大量の唾液と巨乳によるパイズリ攻撃が続いた。すると美樹が

「ちょっとサービスしてあげよっか?」

と言ったので、俺はしてほしいと言うと、美樹が顔を巨乳から出た亀頭へ近づけ、長めの舌を伸ばすと亀頭をチロチロと舐め始めた。

俺はびっくりしたのと同時に快感に腰がうねっとなる感覚を感じた。

俺はやべぇよ、と言いつつも、もっと舐めてくれと頼んだ。

すると美樹は

「じゃあこういうのはどう?」

と言うと亀頭を完全に咥えてしまった。

「うぉっ」

気持ちよさに俺は頭がおかしくなりそうだった。

美樹の亀頭フェラ+パイズリにより俺はだんだんと射精感が高まってきた。

美樹の唾液まみれの柔らかい口内による亀頭フェラのジュポジュポという音と、美樹の巨乳でヌチャヌチャと音を出すパイズリが組み合わさった最高の攻撃を15分間ほど受け続け、ついに俺は射精しそうな感じになってきた。

美樹もそれを悟ったのか

「もう出る?」

と聞いてきたので

「うん、気持よすぎて我慢できねぇわ」

と言うと美樹は

「まーじかwじゃあラストスパートしてあげないとねw」

と言い、既に俺の下半身と美樹の巨乳の一面が唾液まみれだったにも関わらずさらに唾液を大量に垂らし、今まで以上にさらにエロい音を響かせながら美樹のラストスパートパイズリが始まった。

俺はもう30秒も持たねぇなと思った。

実は俺は2週間オナ禁をしており、そのせいか興奮はより倍増していた。

俺はこのまま出していい?と聞くと美樹は

「どこでもいいよ?口の中でも、顔でも、◯◯の好きなとこにかけてw」

と言ったので俺は

「じゃあ美樹の胸の中で出すわw」

と言うと美樹が亀頭フェラをしながら

「りょーふぁいwおもうほんふんだひへへw」

と言ったので一気に興奮度が高まりついに射精の時が訪れた。俺は

「出すぞ美樹」

と言い、2週間溜まった精液が美樹の巨乳の谷間や顔に発射された。

美樹は

「すげぇ~ww」

と言いながらも射精中もパイズリを続け、美樹の胸はほぼ全体が俺の精液まみれとなった。

美樹が最後に搾り取るように巨乳から俺のモノを抜くと、俺が2週間オナ禁していた事もあってか、美樹の巨乳全体に乗っかっている精液は異常にネバネバしており、さらには黄色がかった固形状の精液も混ざっており、言葉では言い表せないほどエロい光景となっていた。

美樹は

「ちょwwえっw?マジで出すぎじゃないっw?すげぇ」

と精液を指でいじくりながら上目遣いで俺に言ってきた。

俺はその光景に感動していると美樹が

「ねぇねぇwこの黄色い固まりどんな味するだろうねww」

と言い、美樹の胸の上にべっとりと張り付いていた黄色い固形の精液を摘み上げるとべ~っと舌を出しなんと食べてしまった。

俺が美味しいのw?と聞くと美樹は舌で味わいながら

「なんか、変な味ww癖になるかもw」

と言ってそのまま飲み込んでしまった。