高2のクラスメートのO島さんのことは、今でも思い出す。

制服の上からでもE~Fはありそうな膨らみが確認できたし、セーラー服の裾がいつも心持ち(ここチラリズム!)持ち上がっていた。

姿勢もよくて、前を向いて盛り上がった胸は、サイズのあったブラジャーをつけている事を想像させました。

同じ学年にも巨乳と呼ばれている女子はいたけど、よく言ってぽっちゃりとデブの境界の人間が多かった中で、夏服だと分かるほっそりとした腕と紺のニーソックスに映える白い足・・・。

彼女と話す時は視線をぐっと前に固定して話すのに苦労した。

肩までの黒髪のストレートで、何だか大人しそうな子みたいに思えるだろうけど、よく笑う感じのいい子だった。

修学旅行の時の赤いニットのセーターは忘れられないな。

O島さんは結構可愛かったけど、クラスが同じである事以外特に接点もなく、胸の膨らみへの執着が恋心になる事もなく、毎日横目でぼーっとおっぱいを眺めて暮らすのみ。

お互い当たり障りのないクラスメイトだったが、文化祭やら修学旅行やらのイベントを通して、友達というほどではないけど、まあそれなりに仲良くはなった。

俺は自転車通学で、毎日片道30分は自転車を漕いでいた。

O島さんも同じ方向で、たまに帰り道で一緒になり、クラス内ゴシップを喋りながら自転車を漕ぐこともあった。

下校の時に、肌寒くはあるけどまだコートを着るまでもない頃、また偶然帰り道で彼女と会った。

終わったばかりの文化祭の話をしながら自転車をこいでいると

『ガキッ!』

と嫌な音がして踏むペダルの感触がスカスカ。

チェーンが外れたのだ。

俺の乗っていた安物のマウンテンバイクは忘れた頃にこういうガタが来る。

自転車を降りてチェーンを戻そうとするもなかなか上手くいかない。

何より横で待ってくれているO島さんに申し訳ない。

「ごめんね、先に帰ってていいよ」

と気を使うも

「いいよ、この先に自転車屋さんあったし、そこまで付き合うよ」

いやー、ありがたいけどちょっと気まずいよなー、話持たないんじゃないか、と思いながらも自転車屋にポンコツを預けた。

「付き合わせてごめんね。今度なんかで埋め合わせするからさ」

(紋切り型なセリフに女子に馴れてない焦りが見受けられる俺)

「やったー、じゃあ今ジュース奢ってよ」

O島さんは缶のミルクティーを飲みながら

「帰りどうするの?」

と聞いてきた。

「まぁ、少し遠いけど駅まで歩こうかな・・・」

「それなら私の自転車に2人乗りしなよ。うちの近くの大通りまで来ればTくんもバス拾えるし」

「いや、悪いよ。(気まずいし恥ずかしいし違反だし)」

「いいよいいよ。その代わり漕ぐのはT君ね」

彼女の自転車はいたって普通のママチャリ。

後ろの車輪にちゃっかり六角が付いている。

まず俺が自転車に跨り、O島さんが俺の肩に手をかけて真後ろに立つ格好。

もう俺は期待に胸を膨らませながらゆっくり漕ぎ出す。

唯一の密着点である肩に当たる手のひらに神経を集中し、後ろでは車輪の幅の分少し脚を開いたセーラー服の女子高生がいると想像する。

そして甘酸っぱさ全開の女の子と2人乗りのシチュエーション。

あれね、よっぽど密着しない限り2人乗りって体くっつかないのね。

手だけ。

ちょっとがっかりしながらも後ろから声が聞えてくる。

少し声が遠いので

「えっ?」

と聞き直すとおっぱい!背中におっぱい!

体を寄せて頭の上の方から何か喋ってるが、何も聞こえない。

ブラジャーが地面からの振動で上下にぷるぷる・・。

体が動いて前後にぷよぷよ・・。

「ねえ、T君って彼女とかいないの?」

数秒間のタイムラグをおいて脳に声が届く。

いつもだったら

「『とか』ってなんだよ。彼女の他に彼氏とかいるとでも言うのかよ」

というところだが今は背中に全神経を集中。

「うーんいないよ。平和平和」

とテキトーな返事。背中には未だに心地よい圧迫感。

「O島さんはどうなの?」

と話題を振る。彼女はちょっと詰まって、

「あのね・・・」

と話し始める。

首筋にさらさらの髪。その後はお決まりのパターン。

彼氏ができたんだけど~略~で、ひどくてね~略~結局こないだ別れたの。

グチの部分はばっさりカット。

彼氏がいた事は少しショックだったが、今はおっぱいおっぱい。

素直に聞き役に徹する。

いつもなら突っ込むところも素直に聞き流す。

たまに段差があると首筋に胸がずれて当たって柔らかさと温かさが。

ああ、ああ・・・。

楽しい時間はすぐ終わる、ゆっくり漕いでいた自転車ももう約束の場所まで。

彼女の愚痴も一段落。

彼女が自転車から降りて、俺は自分のカバンをかごから取り出した。

「いや、本当に助かったよ、ありがとう」

「うん」

「それじゃあまた明日学校でね」

「・・・ねえ・・・よかったらもうちょっと話聞いてくれる?私の家まですぐだし、お茶くらい出すから。あ、今度は自転車も私が漕ぐよ?」

「うーん。まあいいよ。別に予定もないから。夕飯までに帰ればいいし」

少しめんどくさそうに、でも内心では喜んで返事。

正直他人の色恋話聞くのそんなに好きじゃなかったけど、女の子が愚痴を言ったり家に呼んでくれるくらい打ち解けてくれる事が嬉しかったウブな俺。

結局自転車は自分が漕いで、2分もしないうちにO島さんの家へ。

彼女の家は住宅街にある一軒家だった。

「あがってあがって」

「お邪魔しまーす」

彼女について階段を上がり、部屋の中へ。

うーん、男の部屋と女の子の部屋はどうしてこうも違うのかね。

部屋の片方にはベッド、片方には勉強机と本棚、床にはホットカーペット、散りばめられたぬいぐるみ。

こじんまりとした可愛らしい1人部屋だ。

「お茶入れてくるから少し待っててね」

クッションをおいて彼女は出て行った。

うーん・・・お湯を沸かす、お茶菓子を出す、ティーポットに湯を入れる、お盆を持って上がってくるで3分だな・・・。

いやいや、何もしませんよ。

まずはお約束、大きく息を吸ってみる。

ああ、乙女の香り。

部屋の隅にあるタンスを凝視。

下着は一番上の段か?ああ、ブラのタグを調べたい・・・・。

E65くらいか?それともF70?

バストトップが88、ウェスト62、ヒップも結構張ってて87!

ああ、数字の妄想もまた甘美。

階段を上がってくる足音で我に返り、慌てて座りこむ。

「おまたせー、紅茶でよかったかな」

「ありがと。俺、コーヒーより紅茶が好き」

小さい机の上に紅茶とクッキーを置いて、斜向かいに座る。

雑談をしながらも、またさっきの話を続けるように促す優しい俺。

こういう時はとにかく黙って聞いてあげた方がいい。

今度はさっきみたいな愚痴モードじゃなくて、ぽつぽつと優しかった話やら、思い出やら・・・。

しばらくすると彼女は俯いていて肩を震わせている。

迷ったが、緊張しながらも思い切って片手を彼女の手に重ね、片手で背中をさすってやる。

こんな事出来るのは恋心を抱いてない強み。

そしてほんのりと下心。

彼女は体を預けてしゃくりあげ始める。

鎖骨の辺りに彼女の頭。学ランが涙で湿る。

目の前にあるサラサラの髪と胸元の体温にもう辛抱たまらんのと、しかしいいの?こんな簡単に甘えちゃって、隙だらけだと付け入られますよ、とハアハアと冷静さが同居。

まあ俺も急な展開にテンパっていた。

打算と衝動に突き動かされ、右手で肩を抱き寄せる。

手を握っていた左手を腰の方へ。

だんだんと上へずらしていく・・・そして膨らみにそっと手を添える。

紺色の制服を通してレースの凹凸の感触、体温が伝わってくる。

ゆっくりとなでると彼女がビクっと身を縮ませる。

「やっ・・・・・・」

そして少し体を離す。

「あ、ごめん・・・」

さっと彼女から手を離し、姿勢を正す。

涙で濡れている彼女の顔が真っ赤だ。俺も負けず劣らず赤いに違いない。

自己嫌悪に陥りながら、彼女に渡そうと思ってティッシュを探そうとすると

「わ・・・」

O島さんは俺の頭を引き寄せ、胸元に抱き寄せる。

「ごめんね・・・・・・」

何を謝まってるのかよく分からんが、もうそんな事はどうでもいい。

膨らみに顔を押し付けられている。

右のほっぺたにこの世でもっとも幸せな感触が・・・。

ゆっくり顔を動かして、谷間に正面を向くようにしてすりつける。

少しざらついた制服の下のふよふよした感触。

頭の後ろに回された彼女の手のあたたかさを感じながら、顔全部で柔らかさを堪能する。

「ん・・・・・」

彼女のため息。

顔は押し付けたまま、ゆっくり後ろに手を回し制服の裾から手を入れる。

すべすべした肌をさぐりながらブラジャーのホックを外す。

「・・あ・・・・いや・・・」

開放された胸に触れながら、最初のキス。

驚いたようだったが抵抗はしない。

後ろに回って両手で胸を包む・・・手に余る大きさだ。

ゆっくりと円を描くように揉む。

揉む。

うなじにキスしながら、ひたすら揉む。

「いやぁ・・・・」

もう一度前に回りゆーっっくりと制服を捲りあげる。

ああ、夢にまで見ておっぱいが目の前に。

真っ白な肌にピンク色の乳首、

「・・・恥ずかしい・・・・・・」

無言で顔をつんとした膨らみの間にうずめ、揉みながら柔らかさを楽しむ。

おっぱいばかり触ってるが構うものか。

キスをし、舌を絡めながらホットカーペットに押し倒す。

横になっても形の綺麗なおっぱいを眺め、乳首を口に含む。

「あ・・・ん・・・・」

初めて彼女が喘いだ声を出す。

右手をスカートの裾に入れてたくし上げる。

いつもの制服から太股が出ている姿ってなんていやらしいんだ。

体勢を変えようと体を動かすとゴツン、と腰に机が当たった。

まだたっぷり残っていた紅茶が倒れ、カーペットにも零れてている。

咄嗟に近くのティッシュでふいていると、O島さんがタオルをもってきてくれた。

2人でしゃがみこんでふいていると、急にさっきまでの事がとてつもなく恥ずかしく思えてきた。

拭き終わっても俺も彼女も顔を真っ赤にして黙ったままだ。

すると、

「ただいまー、Y子帰ってるー?」

と、彼女の母親の声だろう。

彼女は部屋のドアを開けると

「おかえりなさーい」

と言うとドアを閉め、後ろを向いてブラジャーを直し始めた・・・。

制服の隙間から腰から少し上の背骨が見える・・・。

結局その日はそのまま帰った。

その後O島さんとは付き合い始める事もなく、たまに一緒に帰ってじゃれあう関係になった。

ただ、うぶな高校生の妙な倫理観で最後の一線を越えるような事はしなかった。

卒業した後、俺は地元を出て大学に通い始め、連絡も取らなくなった。

最後に会ったのは大学2年の夏休み。

駅でばったり会った。

彼女は短大だったため、就職活動中でリクルートスーツだった。

5分と話さなかったが、その時はずっとリクルートスーツを頭の中で脱がせてた。

つやつやの黒髪と白シャツの下の胸は相変わらずだった・・・。